岩沼市不動産は地域密着型の不動産会社です

岩沼市不動産は地域に密着した居住環境を提供しています。北部の丘陵は名取市や仙台市と密接な関係があり、生活圏を共有しています。国道4号の沿道には、物販店や衣料品店、飲食店が建ち並び、一つの商業エリアを形成しています。岩沼市の旧市街地は、昔ながらの商店街が残る他、新たなチェーン店が立地し、賑わいを見せています。国道4号沿いには店舗が建ち並び、賑わいは名取市を通り、仙台市太白区まで続いています。仙台市まで買い物に出なくても、ほとんどの物品は岩沼市内で賄うことができます。仙台空港アクセス線沿線の杜せきのした駅近くの大型ショッピングセンターまでのアクセスも容易です。岩沼市は旧市街地と新たな街並みが融合した、地域密着型の生活圏を形成しています。

名取市から仙台市へと生活圏つながる北西部の住宅地

岩沼市不動産の中でも、北西部には平等、松ヶ丘といった有力な住宅地が集まっています。地盤が良好な上に緑地が多く、環境に適した場所として人気があります。岩沼市の西部には名取市や仙台市太白区と結ぶ街道が通っています。これらの地域を結ぶ幹線道路として、地域の人々に利用されています。西部の地域は街道により一つの生活圏を形成し、お互いの利便性を共有しています。さらに、JR岩沼市駅周辺でも宅地の開発が盛んです。岩沼市は元々、竹駒神社の門前町として発達し、神社から離れた岩沼駅周辺の開発は遅れていました。近年、駅に近い利便性から開発が進み、新たな住宅地が開発されるようになりました。駅周辺では日常的な買い物ができる他、国道4号の沿道に立地する多くの店舗の利用が可能です。

新たに注目される仙台東部道路周辺の住宅地

岩沼市不動産の中でも注目されているのが、仙台東部道路周辺の住宅地です。仙台東部道路の岩沼IC近くには、玉浦西、恵み野といった有力な住宅地が立地しています。仙台東部道路は、北で三陸自動車道と接続し、石巻方面へのアクセスが可能です。南で常磐自動車道と接続し、福島とのアクセスが容易です。宮城と福島の沿岸部を結ぶ幹線道路として期待されている道路です。その周辺に立地する住宅地は、宮城の沿岸部や福島にアクセスがしやすい場所です。仙台新港周辺へのアクセスも容易で、活動の場が広がる立地です。新たな住宅地には学校、診療所、スーパーなどが立地し、日常生活に不自由のない環境が整っています。国道4号沿道に連なる店舗にも容易にアクセスができ、利便性の高い地域です。北側には広大な仙台空港の滑走路が広がります。